西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

二階堂東邦大学名誉教授から、なつめの実が届きました。国産の完全無農薬のなつめです。実は小さいのですがとても香りが強く美味しそうです。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方音楽が、出来上がりました。作曲家の小松正史さんと作りました。2018年12月7日にリリースされます。むつごろう薬局・むつみ薬局・京都にて数か所で同時販売致します。ご予約を受け付けています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の薬局の駐車の仕方で処方すべき漢方が分かるなんて、驚きました。そして、患者自身が直接自分の症状を説明する以外に患者の行動、態度、表情がどれほど重要なのかを知りました。
私が一番興味があったのが「生理痛のとき、ロキソニンやイブプロフェロンなどの痛み止めを使用すると内膜が剥がれず、腫瘍の原因になります」と先生がおっしゃったことです。私はいつもロキソニンをのんでいるので焦ったし、なんとかしなきゃと思いました。なので先生がおすすめした桂枝茯苓丸(実習でつくったもの)を服用しようと思っています。また、「漢方で気をめぐらせて血をめぐらせ、そして水をめぐらせる」と先生がおっしゃっていたことも気になりました。しかしこのことはなかなか実感がわきません。なので実際に体調が悪くなったときに漢方を服用し、実感してみたいと強く感じました。
最後に、先生がポイントとしてあげていた証を把握するということ。これはとても大切でありながら、非常に豊富な知識を必要とする、とても難しいことでもあるとも思いました。なので学生でいるうちに漢方のことを幅広く勉強し正確に証を把握できる薬剤師になりたいと思いました。