西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の「婦人科疾患に用いる薬方」の授業での「証」という言葉がとても印象に残りました。証とは、漢方薬と患者との相性であり、漢方医学を学ぶ上で「証」を把握することがいかに大切かよくわかりました。
「証」に合わせることが出来れば多種多様な疾患に使うことができ、病気の治癒率の増加につながる。薬剤師になる上で、「証」を確認し、適切な治療法を提供できるようになりたいなと思いました。