西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の講義では、「証」が最も大事と学びました。西洋学ではその病名に対して薬が出ます。漢方も同じく決まっていると思っていましたが、それは違いました。証を合わせるのは難しそうという印象があります。でも、証が合った時の漢方薬の効き方はすごいと思います。鈴木先生の話を聞いていると驚く話が何度もありました。不妊症で困っている方も、漢方のおかげで妊娠することができたなど、多くの人が、漢方に助けられていると知りました。今まで、身近な所で漢方を使う人もなく、知識もなかったのですが、話を聞いて、漢方の効果のすごさを知ることができました。
また、漢方には、婦人科疾患に用いる漢方が多くあるように思いました。女性には、冷えや月経不順など、様々な悩みがあると思います。そうした問題にも漢方が活躍するのです。漢方についてマイナスイメージを持っている人も多いかもしれませんが、解決できずに悩んでいる人にぜひ試してもらいたいと思いました。
今回、私の漢方に対する印象が変わったように、多くの人に知ってもらいたいという気持ちになりました。