西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

今回の講義で、婦人科疾患とそれに対する漢方のことについて学ぶことができました。自分は男なので普段関わることが少ない分、とても貴重な話を聞けてよかったです。まず、いろいろな疾病の名前がありましたが、それについてそれぞれの症状に対して薬を決めるときに一番大切なのは「証」を把握するということを聞き相性が合えばガンをも治せるということで、漢方ってすごいなって思いました。漢方を扱う薬剤師として、「証」を把握することが最も大切で、幅広い知識がなければできないことだなと思いました。婦人科疾患の話では、子宮内膜症が怖いなと思いました。中でもチョコレートもう胞という、卵巣の中にチョコレート状のものができる症状は怖いと思いました。自分が女性だったら、絶対になりたくないなと感じました。進行がそこまで進んでいなければ、漢方で治すということで、すごいなと思いました。
 また先生の具体的な話がとても印象に残っています。この症状のときにはこれを飲みますと例を挙げていく度に、先生の知識量はすごいんだなと思いました。駐車場に横に入る人の話とかは、興味深いなと思いました。またガンを治し、無事子供を出産した人のエピソードはとても感動しました。そのとき先生が処方した温清飲という薬は、ガンを治すこともできるということですごいなと思いました。他のガンを治した例でも温清飲が出てきて、すごい薬だなと思うのと同時にそれを選んだ先生もすごいなと思いました。自分も将来、そんな風に人を助けることができたらなと感じました。
 全体を通して、相性が合えばガンでも治せるということがわかり、漢方ってすごいなだなと思いました。今日は貴重な話が聞けて本当によかったです。自分の実家が静岡県にあるので、機会があれば先生の薬局に行ってみたいなと思いました。