西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患ときいても、まだ今の私は若いし関係ないだろうと思っていました。でも、鈴木先生の講義をきいて考え方が変わりました。講義は婦人病などだけれど、その中の話は全ての症状に共通していると思いました。特にそれを感じたのは「証を把握する」ということでした。まず、証という言葉を知らなかったのですが、「漢方薬と患者との相性」のことだと知り、なるほどと思いました。証が合った漢方を使用したことにより、長年不妊症の治療をしていた方が、すぐに妊娠したという話にはとても驚かされました。この証を見極めて漢方薬を選ぶのは私には難しそうに感じました。でも、正しく判断して、その効果がよく分かるのは面白く興味もわきました。不妊症の人が身の回りにいるわけでもないし、自分自身にもまだまだ先の話だから、意識したことはなかったけれど、もし将来不妊症で悩むことがあれば、漢方薬を使いたいと思いました。また、先生のお話の中で一番驚いたことは、ゴキブリの話です。がん治療の際に、アブ、ヒル、ゴキブリが入った漢方を使うとききましたが、それはさすがに…と思いました。しかし、その薬を使用した患者さんに効果があらわれたとも言うので、怖いし気持ち悪いけれど、きちんと薬になるのだと驚きました。将来お世話になるかもしれない婦人科疾患に用いる漢方への理解を深めていきたいと思いました。