西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

二階堂東邦大学名誉教授から、なつめの実が届きました。国産の完全無農薬のなつめです。実は小さいのですがとても香りが強く美味しそうです。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方音楽が、出来上がりました。作曲家の小松正史さんと作りました。2018年12月7日にリリースされます。むつごろう薬局・むつみ薬局・京都にて数か所で同時販売致します。ご予約を受け付けています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

鈴木寛彦先生は、とてもお話の上手な方だと感じました。プレゼンテーションもすばらしくて、もっとお話を聞いていたかったです。
先生の薬局でのお話を聞いて、薬剤師が患者さんからお話を聞いて処方する、という身近にない流れを知ることができました。とても新鮮でしたし、薬剤師はこんな生き生きとした仕事もできるんだと誇りにも思いました。
先生は自分の畑ももっていらっしゃり、自分達で育てた自信のある生薬を用いてすごいと思いました。
婦人科疾患に関するお話を聞いて最も印象に残ったことは、生理痛についてのお話です。
生理痛がなぜ起きるのか。それは、子宮の内膜がはがれにくい人がいて、はがすために子宮をうがかす、その時に痛むのだということでした。私はいつもロキシニンのような薬を飲んでいたのですが、それでは内膜をはがしきれず、残ってしまい、それがかたまりとなってしまうということでした。私はそれを聞いてショックを受けました。そういうことが起きていて、別の痛みを引き起こす原因を自らが作っていたとは知らなかったからです。こういう意味で、生理痛には、体全体のめぐりのバランスをよくする漢方がよいことを教えていただきました。私の知り合いで、生理痛がとてもひどく、吐き気をもよおすまでの人がいて、ロキソニンやバファリンは効かなくなってしまったと困っている話を聞いたため、ぜひ漢方薬を薦めたいと思います。
しかし、日常の中で漢方が身近ではないことも事実です。
漢方を広めるためにどうしたらよいのか考えていかなければいけないと感じました。