西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の講義は婦人科疾患に用る漢方ということで、講義を受ける前から、私にとって身近な話題であったためワクワクしていました。いざ講義が始まると鈴木先生はとても面白くユニークな方で、どんなに聞いてても全く飽きませんでした。特に印象に残った場面があるので、それについてお話したいと思います。まず1つ目は、鈴木先生のもとへ訪れたガン患者が温清湯を飲んだことによってガン細胞が0になったのは本当に驚きました。西洋医学ではガン細胞が完全に無くなるのはあり得ないのに、漢方はガンですら証が合えば治ってしまうという事実に、ただただ感銘していました。2つ目は乳癌を患っていた妊婦さんの話に感動しました。ガンが治った事ももちろんそうなのですが、後日お手紙をもらった事、またお手紙の内容にとても感動しました。私も将来薬剤師になった時、そのような言葉をかけてもらえるような事をしていきたいです。また、堅い話でけではなく、ニューハーフもどきの人やセレブの人、ガッチリした人のお話も聞けてとても面白かったです。その時鈴木先生は「こういう性格の人は~が良い」と漢方の処方名が次から次へと言っていて面白かったし、私もそんな風に漢方のスペシャリストになりたいと思いました。他には友達同士や自分で身体を触ってみて陰性や陽性を確かめるのも楽しかったです。あとはスライドで、実際の植物(薬用の)生産過程を生の人で見れて刺激を受けました。をれによって改めてもっと深く生薬について学びたいと思いました。本当に鈴木先生の講義は楽しかったです。ありがとうございました!