西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

二階堂東邦大学名誉教授から、なつめの実が届きました。国産の完全無農薬のなつめです。実は小さいのですがとても香りが強く美味しそうです。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方音楽が、出来上がりました。作曲家の小松正史さんと作りました。2018年12月7日にリリースされます。むつごろう薬局・むつみ薬局・京都にて数か所で同時販売致します。ご予約を受け付けています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患というのはどのようなものがあるのかを知り、食べ物やストレスが原因で起こるものもあるということを知ることができました。私はストレスを感じることが多く、頭痛などがよく起こってしまうので、ストレスを解消する方法をはやく見つけようと思いました。また、婦人科疾患で重要なのは瘀血というもので、瘀血が体にどのような悪影響を与えるのかを知り、そのままにしておくと重い病気につながってしまうことがるというのが、こわいと思いました。婦人科疾患は、用いる漢方が証に合えば、すごく効果があり、治療することで患者さんにとってよい結果になるので、婦人科疾患の治療には漢方はすごくいい薬だと思いました。また、それぞれの症状み適した漢方というのはどのようなものがあるのか、どのような時にどのような漢方を使えばいいのかも学ぶことができました。今回の講義で、1番心に残ったのは患者さんからのお手紙についてです。不妊症の患者さんが長年治療をしてきたがなかなか妊娠できず苦労していたが、漢方薬を服用していったところ妊娠し、無事に出産することができたというお話は、本当に心に残りました。患者さんに良い結果を与えた漢方はすごいと思いました。また、患者さんと一緒に治療をしていくことの重要さも改めて学ぶことができました。私も、婦人科疾患で悩む患者さんに対して力になれるよう、もっと漢方のことについて学んでいきたいと思いました。