西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

二階堂東邦大学名誉教授から、なつめの実が届きました。国産の完全無農薬のなつめです。実は小さいのですがとても香りが強く美味しそうです。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方音楽が、出来上がりました。作曲家の小松正史さんと作りました。2018年12月7日にリリースされます。むつごろう薬局・むつみ薬局・京都にて数か所で同時販売致します。ご予約を受け付けています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生には知っているようで知らない、そして知っておくべき婦人科疾患と、それに効く漢方について教えていただきました。婦人科疾患の説明では子宮の図でわかりやすく説明して下さり、今まで何となくしかわからなかった婦人科疾患の起こる理由まで理解することができました。また、瘀血がどんなに悪い、将来に悪影響をおよぼすものかも教えていただき、とても怖いなと感じました。私は今の所はそのような症状はありませんが、母親などを見ていると、いくつも瘀血の項目にあてはまっているので、私はこの瘀血という恐いものを知り、学んだことを生かしていこうと思いました。また、先生が富士山の見える所で栽培している生薬が、花を咲かして、その生薬がとれるのは約8年ほど(正確てはありません)と一回などと、人生のうちに何回かしか取れないのだといったような話を
されているのを聞いて、生薬が高価な意味がよくわかりました。そして婦人科疾患を治すような生薬は、血のように赤いものが多いというのも印象的でした。ありがとうございました。