西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生のお話を聞いて驚いたのは、先生が自ら畑を耕し、生薬を育てているということでした。漢方薬局の薬剤師の方だということで、患者の診断をし、薬を渡すことが仕事だと思っていました。しかし、鈴木先生は積極的に畑の仕事をしていて、講義もなさっているので本当に凄い方だと尊敬しました。
漢方の話だということで内容も専門的でしたが、最初から最後まで興味深くお話を聞くことができました。
中でも見た目、性格を通して、どのような漢方薬が合っているか分かるという話は興味深かったです。
また、最後のスライドを見ながらの生薬の説明では、いろんな生薬が存在するということを改めて実感しました。また、写真を見ながらイメージをすることの大切さを知ることができました。