西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生が最初にあげた病気のメカニズムを知り、生体防御反応を知るという例で、胃が疲れているから口内炎ができ、胃に食べものを入れないようにし、胃を守ると聞き、すごい納得がいった。口内炎のような些細なものでも、自分たちの身体を守るための生体防御反応であり、必要だからそういうものができるんだなと思うと、なんだか人間の身体はすごいなと思った。生理痛も無理やり薬で痛みをなくしていると、子宮内膜症になる可能性があると聞いたので、これから生理痛になったときは、普段飲むような薬ではなく、漢方薬を使用してみようかなと思った。
漢方医学を学ぶうえで、一番大切なのは証を把握することと聞き、最初は証ってなんだろうと思った。証とは漢方薬と患者さんとの相性だと聞き、実際に証が合うと長年の悩みだった身体の異常が治ってしまう症例をいくつか聞いた。その症例の回復の早さに驚いた。だから、証を把握することは、本当に大切だなと感じた。自分もできるなら、こういった悩みを持った患者さんの役に立てる薬剤師になれたらなと思った。
証を決定する前に、陰性と陽性を判断することが大事であり、証を決定する方法で四診があるということだった。四診は以前実習でやったので、どうゆうものかは知っていて、かなり重要な役割を持っているんだなと思った。鈴木寛彦先生は、その四診のうちの1つの望診をお店への入り方や車の停め方でもすると聞いて驚いた。
瘀血とはお腹の中にたまったヘドロのようなものらしく、みぞおちの下や肋骨の下、足の付け根などを指で押すことで、瘀血かどうかわかるということだった。その痛かった場所ごとに使用する漢方薬が決まっているので、そのくらいなら自分でもできそうだなと思った。しかし、婦人科疾患に用いる漢方薬を考える上でのポイントは「瘀血」だと知り、講義で聞いただけでは、まだ不十分なんだろうなと思った。
鈴木寛彦先生の婦人科疾患を治療した患者さんからの手紙の内容を聞き、本当に漢方薬治療というのはすごいんだなと思った。こんなふうに患者さんから感謝されるのなら、仕事にやりがいもあるんだろうなと思った。正直漢方薬がこんなに効くイメージはなかったので、今回の講義で漢方薬のすごさを知れて良かった。もっと漢方薬について知りたいとおもった。