西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

授業で胸脇苦痛にはサイコ、そのやや下では人参、足の付け根では大黄牡丹波湯…と、実際にどこを押したときに痛みを感じると、どの生薬がよいのかということを学び、授業で押してみることが楽しかったです。その際加減がわからず難しかったけれど、押しながらどの生薬なのかを考えることで、今の自分の状態がわかるというのは、すぐにでも使える技術であり非常に面白いなと思いました。又、スライドで見た当帰をはじめ多くの婦人薬の生薬が血や女性を連想させるもので実際の植物と効能が関連していることに凄いなと感じました。生薬は覚えることが多く大変だけれど、こういう連想に視点をおくことで覚えやすくなると感じ、自分でネットや本を用いて調べてみたいと感じました。