西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

鈴木寛彦先生のお話を聞いて、漢方薬は、婦人科系の病気に効くものが多いことを知った。西洋医学では、不妊治療が成功しなかったのにも関わらず、漢方薬を飲みはじめて約1ヵ月で妊娠することができたという話を聞いて、とても感動した。
また、体の部位によって効く漢方がそれぞれあり、気血水のどれが原因でおこる病気かによって、処方する漢方薬が違うことも知った。そして、食べ物の中には、体を冷やすものとあたためるものがあり、体を冷やすものでも、干して、太陽の光をたくさん取り込むと体をあたためるものになり、鈴木先生が畑で作られている当帰も、収穫したあとに、天日干しにすることで、体をあたためる効果を高めると聞いておもしろいと思った。