西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

私は元々婦人科疾患に用いる薬、医療について興味があった。
そのため、鈴木寛彦先生の講義はとても楽しみなものであったし、実際にとても興味関心の沸くお話ばかりだった。
私の最も印象に残ったお話は「病気のメカニズムを知り、生体防御反応を知る」ということである。胃腸が悪くなると口内炎ができるのは疲れている胃に食べものを入れないようにするため。生理痛が起こるのは子宮内をきれいにするために子宮の膜をはがすときの平滑筋によるもの。つわり、妊婦咳は胎児によくないものを体外に出すために起こる。など、ためになるお話ばかりであった。
今回の鈴木寛彦先生の講義を受け、益々自分の夢が大きくなった。