西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

今まで西洋医学では妊娠することができなかった患者さんを何人も漢方の力で妊娠させることができたと聞いて感動しました。漢方を処方するにあたって証を見極めることが大事だと仰っていましたが、実際に見極め、その人の証に合った漢方を処方するというのは並大抵のことではないと思います。先生は本当に漢方薬のエキスパートだと思いました。私も何か婦人科疾患に悩んだ時は是非先生に診てもらいたいと思います。
こらから更に少子高齢化社会になっていく上で、西洋医学でも治らなかった不妊症を治せる漢方はとても重要が伸びていくと思います。癌も治せると聞いたので、漢方はこれからもっと必要不可欠なものになると思いました。私は実習を受けてから、漢方のメリットやデメリットだと思っていたことが実は違っていたなどと色々学び、将来的に自分で漢方を処方できる薬剤師になろうと薄々思っていたのですが、先生の講義を受けその決心がより強固なものとなりました。また、それに伴い先生のように大規模とはいいませんが、自分で生薬を簡単なものから育ててみようと思います。