西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の講義は、女である私にとってとても為になりました。一番印象に残っていることは、仰向けになって寝転がり、手で鳩尾や肋骨の下、おへそと足の付け根のラインを触って、そのときに生じた痛みで何の漢方が適しているのか分かる、ということです。もちろん証も関係してくると思うので、確実にそうだとは言えないのでしょうが、どこが痛いかだけで漢方が決まるということにびっくりしました。自分のお腹の調子が悪いときは実践してみます。実際の患者さんのお話も聞け、とても面白かったです。また、私の地元・静岡で先生が育てた当帰の話も興味深かったです。食べることもできてよかったです。今自分で生薬の基原植物を育てることは難しいので、薬草園によく行って成長を見ようと思いました。