西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

この講義で生薬のイメージで考えることや自分の生活を見直すことを学んだ。習ったときはどの生薬が何であるのか、何に効くのか、ただがむしゃらに覚えようとしていたけれど、生薬の形を女性が座っているように見えるから、とかイメージで覚えてくのは覚えやすいと思った。生薬に自然に生きている植物だから、愛情を込めて育てると同じトウキでもこんなに味に差が出るのだと思った。紫雲膏の色も全く違うものだったので、もっと上手く製剤できるようになりたいと思った。私にバセドウ病なって以来ずっと月経不順であるし、母も子宮筋腫なので、婦人疾患によく効く漢方をもっと勉強して、体質を変えたい。まずは食事と運動から変えていかないといけないと思った。