西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

この講義で生薬のイメージで考えることや自分の生活を見直すことを学んだ。習ったときはどの生薬が何であるのか、何に効くのか、ただがむしゃらに覚えようとしていたけれど、生薬の形を女性が座っているように見えるから、とかイメージで覚えてくのは覚えやすいと思った。生薬に自然に生きている植物だから、愛情を込めて育てると同じトウキでもこんなに味に差が出るのだと思った。紫雲膏の色も全く違うものだったので、もっと上手く製剤できるようになりたいと思った。私にバセドウ病なって以来ずっと月経不順であるし、母も子宮筋腫なので、婦人疾患によく効く漢方をもっと勉強して、体質を変えたい。まずは食事と運動から変えていかないといけないと思った。