西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患ということで、将来自分が経験するかも知れないことの話で、とても興味深かったです。冒頭の生理周期の話や生理痛の話は、今まで自分が何度も経験していることなのに、初めて知ったことが沢山ありました。女性がお寿司屋さんに向いていないと言われる理由にも合点がいって、知識が深まったと感じました。不妊治療を行っていた女性からの感謝の手紙からは、鈴木先生や漢方にどれほど感謝しているかが伝わってきて、改めて漢方の凄さを感じました。証の話では、店の入り方や駐車の仕方から望診が始まっているということを聞き、専門家の仕事だな、と思いました。みんなで瘀血かどうかを調べた時、私だけ痛かった所がありました。桃核承気湯というのを使ってみたいです。あと、私は上熱下寒、手のひらのほてりがあるので、温経湯を使いたいと思いました。鈴木先生の講義は、これからの人生に役立つようなものばかりでした。話が聞けて良かったです。さらに漢方に対して興味がわきました。あと、想像力を働かせることは大事だと思いました。