西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

私は鈴木先生の講義を聴いて、病気に対するイメージが変わり、また漢方に対しても以前よりも親しみやすさを感じるようになりました。
一番印象に残っていることは「病気のメカニズムを知り生体防衛反応を知る」というフレーズです。私は今までなぜ病気が起こるのかについて考えたことがありませんでした。しかし、鈴木先生のお話しの中で、生理痛は子宮の内膜のはがれやすさが関係していることや、つわりや妊娠せきが赤ちゃんのために体内に悪いもの、余計なものを入れないようにすることが関係していることなど、何か目的があって病気というものがあるということを知り驚きました。
また、望診がお客さんが薬局に車で来た場合に駐車の仕方を見るところから始まっているということに驚きました。大胆に駐車場の線を無視して停めるお客さんには大柴胡湯を使うと先生がおしゃった時、私は最初先生がどのような理由で漢方薬を決定しているのかわかりませんでした。漢方薬を決定する際に、そのお客さんの症状はもちろん、心の持ち方も関わってくることを初めて知りました。そして、気持ちのあり方も身体に影響を与えるものであるのだ感じました。逆に肝臓の調子が悪いとイライラするというお話もあり、身体と気持ちは密接に関係しあっていることが分かりました。
生薬を見てそれから形が似ているもの、その生薬の効能を想像するというお話しにとても興味を持ちました。トウキを見て、女性が座っているところに似ていると考え、さらに婦人の薬であることが想像できるということや、シャクヤクの赤さから血によさそうだと考えるということがとても印象に残りました。
今まで植物をそのように考えたことはなく、今後色々な薬草と触れ合い、大いに想像し、多くの生薬について学んでみたいと思いました。また、鈴木先生の畑の様子を見て、生薬を苗から数年もかけて育て収穫しているということにも興味を持ちました。生薬の薬用部位だけでなく、それぞれの花の形やにおい、薬の形などを観察してみたいと思いました。
私はアトピー性皮膚炎なので、今は症状は軽く特に悩んではいませんが、症状が悪化したときなどに、どんな漢方薬が私には合っているのか、自分の証を把握し、自分に合う漢方薬を調べ服用してみたいと思いました。