西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

生薬の授業で度々耳にしていた婦人科疾患でこんなに色んな症状・漢方が使い分けられていたことに驚いた。また「証」を正確に決定することによって、今までの苦しみが一瞬にして無かったようになる話は、本当に凄いと思った。病名があって初めて薬が出される西洋医学と違って、症状1つ1つによって選んで薬を出せるところは利点でもあると思った。
使用する漢方の話しでは、生理痛に効くものや、いつか経験すると思われるつわりや妊娠せきに効くものと色々あったので、機会があれば使用したい。
また、生薬の自家栽培は興味深かった。小さい鉢でも作れるものがあるなら作ってみたいと思った。