西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

先生の講義は、とても身近な内容だったので興味深かったです。私は数ヶ月に一度、歩けなくなるくらい生理痛がとてもひどくなり、辛かったです。生理痛は子宮内膜がはがれにくく、それをはがそうとするときに起こる痛みだということを初めて知りました。普段はバファリンなどを飲んで痛みを抑えていますが、漢方薬でも聞く基があると知り、漢方薬の中でも特に興味があります。先生の講義を受ける前に、実習で桂枝茯苓丸の調整を行っていたので少しだけ効能、効用は知っていましたが、これを服用することで内膜をはがれやすくすることができるということまでは知らなかったので、知ることができてよかったです。
また、証についても今回初めて詳しく知りました。先生が話してくださった、奇跡のような話はとても感動しました。中でも、漢方を飲むことで悪性腫瘍がなくなった話は、信じられないくらい素晴らしい出来事だと思います。西洋医学では、患者さんがこの病気だからこの薬を処方するという形ですが、漢方医学では、患者さんがこの症状でこの状態だからこの薬を処方する、というように1人1人に合った専用の漢方を処方するという形なので、的確に病気を治すことができるのだと思います。将来薬剤師になったとき、医者の処方通りの薬を調整するだけでなく、患者さんの様態や悩みなどを聞いて証に合った漢方薬の説明も出来るようになりたいと思いました。そうすることで患者さんとの距離も縮まるし、患者さんもちょっとした体の悩みでも相談することができるようになるかもしれないと思いました。