西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患に対する講義で、婦人科疾患に対する漢方の対応法などを実例を挙げて聞くことができ、とても勉強になった。
先生のお話しの中で、漢方医学は、経験から作り上げた医学なので、感じること、イメージすることが大切であるとあった。実際に、実習前に生薬学を勉強するとただ覚えるだけで楽しくない、効果があるのかなと感じていたので、イメージして勉強することが大切であると感じた。先生が患者さんが来て車を止めるところから望診がはじまっていると言っていて患者さんを観察する力も必要であると思った。最後に先生の読まれた患者さんからの手紙を聞いてとても感動した。医療人として患者さんから感謝してもらえる薬剤師を私も目指したい。