西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

先生には婦人病のお話をして頂きましたが、自分もよく生理前後に体調を崩すにも関わらず何も知らなかったんだと痛感しました。漢方の勉強をする上で病気のメカニズムを知り、生体防御反応を知ることが大事だと教わりました。女性の体は子供を産むための機能を持つためか、上手くできているなと思いました。また女性の体調は体温然りよく変化をするのだから、よく観察してバランスを保てるようにしなくてはならないとわかりました。自分でも教わった切診をしてみようを思います。
授業中に柴胡を食べましたが甘くて、前に食べたものと味が違うと感じました。私達には難しいかもしれませんが、自分で真心こめて生薬を育てるのも楽しそうだなと思いました。