西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

今の私には、生理不順や月経困難症ではなかったが、冷え性と、もしかしたら将来不妊で悩むことがあるかもしれない。ということからこのテーマにはとても興味がありました。しかし、漢方薬を飲むだけでそのようなことが改善される。というのも少し信じ難い話ではありました。
しかし、鈴木先生が、疾患に対応できる漢方薬は40種類あるが、漢方医学を習う上で、一番大切なのは漢方薬と患者との相性つまり証である。というのを何度も繰り返しおっしゃっていて、とても考えさせられました。
西洋医学では病名に対して薬が出るので、一人一人に合っているものとは限らないというのも納得できました。漢方医学で重要なのは、顔色を見て(望診)、せきの音を聞いて(聞診)、手のひらなどの状態を見て(問診)であるというのを考えると、そして婦人科という1人1人全く症状が違うものには漢方薬が本当に大切であると再確認できました。しかし、一人一人全く違うということは、充分な知識がそなわっていないと正しい診断が出来ないということでもあるので、漢方はとても奥の深いものだと改めて実感しました。これからもう少し漢方について調べて、自分のものにしていきたいと思えた講義でした。
ありがとうございました。