西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の漢方に対する情熱にすごく感動しました。薬局に来る方からのお手紙を見ても、鈴木先生の熱意を感じたし、それが患者さんにも伝わっているんだなと思いました。「証」という考えについて深く学んで、証が合えば色々な病気を治すことができると知りました。色々な病院で色々な治療をしても治らなかった悪性リンパ腫が温清飲を飲んだら治ったという話が1番印象に残っています。これは本当に驚きました。証が合うと重い病気も治すことができるというのはすごいと思います。それを見つけるのは難しいと思いますが、見つけて患者さんの病気を治すことができたら大きな達成感が得られると思います。また、身体を触ってみて悪い部分を見つけるのもすごいと思いました。自分でもこれからやろうと思うし、家族にもぜひ試してほしいなと思いました。足のつけ根やみぞおちの辺りが、押してみると痛かったので、自分では健康だと思っていたけど、気付かないうちに悪くなっていることもあるんだと思いました。それを気づけるようになりたいです。鈴木先生の講義を聞いて、ぜひ私も先生に四診をしていただきたいなと思いました。また、私も先生のように証を見つけられるようになりたいです。