西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

鈴木寛彦先生の講義はテーマが「婦人科疾患に用いる薬方」であり、最初は自分には関係ないと思って聞いていたが、聞いているうちにどんな病気であるかに関係なく漢方薬を学ぶ上で大切なことは「証」であることなど、全ての人にとって聞く価値のあることをしっかりと講義してくださっていることに気がついた。実際に生薬を育てている人は日本にほとんどいないと思うので、生薬を育てる体験のことを語ってもらい、貴重な話を聞くことができたと思う。何より鈴木先生が非常に生き生きと話されていたのが印象的だった。