西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

生理痛や月経不順といった婦人病を自分が体験し、そのつらさを知ることはできないけれどその症状を理解し、問題を解決する助けは、男である自分でもできるような気がした。また、体のつぼを押すことによって自分に必要な漢方薬を知ることができるというのは新鮮だった。先生が駐車場の仕方を見て、処方を決める参考にしているというのも驚きだった。体がなぜ病気に対しいろいろな反応を示すのかを先生は考えておられて、自分は、とても新しく感じた。「証」にあった漢方を服用することによって奇跡のようなことが起こったことや先生の患者さんからの手紙を聞いて、漢方がとても魅力的に思えました。また魅力的なのは、漢方だけでなく先生の人柄なんだとも思いました。人として魅力的だからこそ、患者さんは先生のもとを訪れ、先生の話に耳を傾けるのではないかとも感じました。