西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

私たちが日常生活をすごしていく中で欲悩む生理不順、生理痛など身近なものばかりで婦人科疾患に使用する漢方薬に興味がわきました。
口内炎があるということは胃が疲れているといったように病気のメカニズムを知り、生体防御反応を知るという大事なキーワードに感心しました。病気には必ず原因があるわけで、それをつかまないと治療はできません。それは生体防御反応でもあると聞いて、納得しました。そのためには「証」といった漢方薬と患者との相性を表す大切なことも学びました。手紙も聞いてさらに患者さんを助けるためにも漢方薬を利用して私たちができることもあるんだと、将来医療従事者としてたずさわる身でもあるので感動しました。生理のメカニズムでは、今まで保健の授業で習ったはずではいたのですが、なかなか理解できずにいて、今回の講義で少し分かって、身体、生命って面白いなと思いました。日頃の生体の講義からもっと吸収して、将来薬剤師になるために、日常生活を見直し、講義を大切にして学んでいこうと改めて感じさせられました。薬草栽培の画像も共に説明があったので、イメージしやすかったです。瘀血についてもっと深く知りたいと思いました。