西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

当帰の花が満開です。今年の畑は畑一面当帰の装いです。当帰は女性の力強い味方。無農薬で作ればもっと良いと思い、15年前から作り始めました。少しでもお役に立てれば・・・そんな思いです。


むつごろう新聞

トピックス情報

静岡の口コミサイト「静岡ナビっち!」 にお客様よりご紹介頂きました。ありがとうございます。

https://www.shizuoka-navichi.net/shop/shop.shtml?s=4893


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

自分自身も女性であることから「婦人科疾患に用いる漢方」について非常に興味があり、楽しく受けさせて頂きました。先生の授業の中で、特に印象的だったものは「生薬の写真からどのように見えて、どのような効果があるか」をイメージすることです。土から勢い良くシャンと立っていて、生き生きと赤い色をしたものや、まるで今にも楽しく踊りだしそうなもの、まるで子宮の卵管のような形をしたもの…。写真からそれぞれのイメージをふくらませることで、1つひとつの生薬についてより理解を深くできることが伝わってきました。私自身、イメージを広げて考えていくことが大好きなので、生薬をはじめ、様々なことについてもっとイメージを広げて取り組んでいきたいと思いました。漢方を学んでいく上で、非常に勉強になったものは「二味の薬徴」についてです。生薬1つひとつの特徴をしっかりと理解する上でも、二味の薬徴の組み合わせ、効果を理解することで、さらに深く学ぶことができる、という発想がとても新鮮でした。今後、生薬や漢方を学んでいく上で「二味の薬徴」により注目していきたいと思います。また、処方をする上で、患者さんの訴えてくる症状だけでなく、その人の行動の細部にまで見逃さずに処方している、というお話しは「これこそプロだな」と知らしめられました。患者さんが来店される際にどのように車を止めているか、話し方はどうかなど、基本的な顔色やせきの有無、汗の有無だけでなく、このような行動の細部にまで目を光らせることで、1人ひとりに合った証を見つけていけるのだろうと感じました。だからこそ多くの患者さんから感謝のお手紙が届くことも納得しました。授業中に頂いた当帰は、実習で試食した刻み柴胡よりも味が濃く、温かな印象を受けました。無農薬にこだわり、手間ひまをかけているからこその味だと思います。私は今後、漢方や生薬についてより深く学んでいきたいと考えています。
「二味の薬徴」に注目していくこと、「その生薬ごとにイメージをはたらかせていくこと」を意識して学んでいきたいです。ありがとうございました。