西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

先生の授業で印象に残ったのはイメージするということだった。なぜ癌や口内炎、生理痛になるのかと言われ、今までに病気の仕組みを考えたことはあっても、病気になることで身体が何を主張しているのか考えたことがなかった。これまでこの生薬はこの効用といった、ただの暗記となっていたが、当帰は女性が座っている様子、芍薬は血管のようだ、牡丹皮は女性が踊っているといったスライドを見て、イメージすることで知識として自分の中に残るようになった。また、四診の話も面白かった。車の駐車の仕方や顔色、唇など小さなことから証を把握するのはすごいと思った。長い間不妊の方が妊娠されたり、五十肩の方の手が上がったりなど漢方には体内の流れを良くし根本的に病を治すのだと感じた。先生の話は面白く授業が進むのが早かった。いつかまた話を聞きたいと思った。