西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

「西洋医学では病名に対して薬が出るが、漢方医学では証に漢方薬が処方される。よって、証とは薬万決定の根拠、証拠である。」ということが、とても印象的でした。現在、日本は西洋医学が医療のメインと見られますが、西洋医学、漢方医学それぞれの強みはあれど、この面に関しては、漢方医学をならうべきではないかと考えました。病名に対して薬が出るより、薬と患者の相性を見て薬を出す方が、より病気の核心をみつめているようで、根本的解決に近いと私も思いました。また、鈴木先生が講義中にお話された「口内炎は胃の疲れが原因であり、口内炎を発症させ、痛みを出すことによって食欲を減退させ、胃を休める。」というお話や、「ガンは病気から種をまもるために発症する。」といったお話も非常に理にかなっていると感じ、とてもおもしろく感じました。薬学部の学生として、さまざまな点からものを考えられるようになりたいです。貴重な講義をありがとうございました。