西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

私は婦人科疾患に関心があったので、この講義が楽しみでした。
先生の講義では、キーワードを挙げてくれることでとてもわかりやすかったです。そのキーワードの中でも「証」という言葉が印象に残りました。田中まち子先生の講義でもこの言葉を聞いたので、「証」の大切さを再確認しただけでなく、それを扱っている漢方医学のすごさがわかりました。
講義の最後には、先生の薬局に来店された方が先生の処方により、子供を無事出産できたという感謝状の内容を聴き、私もこのように患者さんに喜んでもらえる薬剤師を目指したいという気持ちが強くなりました。この講義を通して、漢方と婦人科疾患の深い関わりだけでなく、漢方の偉大さを知ることができて、とてもためになったと思いました。