西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

病気のメカニズムを知り、生体防御反応を知るという点で、つわりは、子どもが母体中で内臓を形成する時期で、その作業に不必要なものを排出しているということを知り、人間の生体のすごさを知った。また、誰にでもできる口内炎にも、胃の不調を知らせるサインであることなど、さまざまな知識を教えていただき、本当に楽しい授業であった。
そして、これから自分にも役立つ身近で知っとく便利な情報をたくさん聞くことができた。私も実際にお腹を押して、痛むときにはその場所に効く生薬を飲んでみようと思った。
また、一番驚いたことは、ゴキブリも使い方次第では効果が高い生薬として利用できることであった。これは実際使いたいとは思えなかったが、一つの知識として頭に入れておこうと思った。
生薬の植物の畑の写真もたくさん興味をもつものがあり、本当に自分のためになった授業であった。