西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

婦人病は、男性である私には経験がなく、実感もあまりわきませんでしたが、今日の授業で、私も考えるべき事だと思いました。患者さんからの手紙を読んでいた先生からは、医療人として、患者さんのために尽くし、見事に患者さんの病を治して、幸せへ導いた喜びと誇りを感じました。そんな先生に、医療を目指す者として、教科書では学べない大切なことを教わった気がします。講義冒頭で、小池先生が冗談交じりに仰っていましたが、外見だけでなく、内面もかっこいいです。スライドでの栽培の様子は、景色が良く、先生の説明もあって、とても楽しかったです。静岡駅の南側に住んでいた私には、懐かしい景色や、近くにいたのに知らなかった景色があったので、別の楽しみがありました。ゴキブリも生薬になるというのはショックでしたが、生薬への先生のこだわりを感じるお話は、もっと聞きたいです。鈴木先生ありがとうございました。