西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

婦人薬についての話が多かった。自分の体のことでなく分からない部分もあったが、漢方は男性より女性の利用が多いのだろうという気がした。女性の方が、体にやさしいものを使い体を気づかう、健康を保つという気持ちが強いのではないだろうか。望診によって行動をみて話す前から患者の情報を得る。切診をして、より詳しく見ていく。そしてどのような漢方を処方するか決めていく。まち子先生のときと続き、漢方をあつかう上で人をよく見て、観察すること、その人に合った薬を出すこと、「証」を大切にして、多種多類な疾患に対応させるということがわかった。