西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

この講義は、漢方の効果についての認識を改めるきっかけになった。実習書に記載されているような実例や、先生が講義中に仰っていたような、ある漢方をたった一年飲み続けただけで悪性リンパ腫が0になったという実例を聞くと、奇跡のことのように感じられる。漢方は「証」が合えば素晴らしい効果が期待できるということを講義を通して感じた。
また、口内炎がなぜできるのかを考えたとき、私はストレスや偏った食生活を原因として考えた。しかし、先生の「胃を守るために食べ物をあまりとらせないように口内炎ができる」というのを聞いて、自分とはまったく違う観点から症状を捉えていることに驚くと共に、自分の視野がいかに狭いのかを実感した。一つの視点からではなく、様々な視点から物事を捉えられるよう心がけていきたい。