西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の講義では、“口内炎はなぜできるのか。”それは“胃があつくなっているため、口内に異物をつくることであまり食べられないようにしている。”など理由までくわしく解説していただいたので、とても分かりやすかったです。
また、婦人科疾患に対応している薬は、40種類あり、それに患者それぞれの疾患に合わせて漢方薬を使い分けるというのはとても難しそうだなと思いました。その他に、病院で使用する薬を使うより「証」(患者と漢方薬の相性)の良い簡保薬を使用した方がはやく治るちう症例を聞いて、証の重要性を感じました。鈴木先生の講義では、こういった例だけでなく、生薬ができるまでの過程を映像で流していただいたので以前よりも生薬について関心をもつことができました。