西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

北里大学は漢方で有名と聞いていたので、先生のお話が聞けてすごく良い経験になりました。自分と漢方の相性を表す「証」を把握することが一番大切だと知り、今まで治らなかった病が、患者さんの証に合った薬を服用したときそれが治ったという話を聞いてびっくりしました。漢方の力とはまだまだ未知数なのだと思いました。
また、ゴキブリ、ヒル、セミなどがすごく体に効くという話も衝撃的でした。主に婦人科疾患に用いる漢方についてお話して頂きましたが、実際によくそれらの病に用いる生薬の写真など見せて頂き、何をイメージするのか、などを考えるのも楽しかったです。
一番印象的だったのは、先生が患者さんから頂いた手紙についてのエピソードです。自分が処方した薬で患者さんの未来が明るくなるなんて、薬剤師の仕事は素敵な仕事だなと改めて思いました。