西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

証と呼ばれる漢方薬と患者との相性を正確に知ることで、不妊症さえも改善されてしまうということに驚きました。また鈴木先生はたった40種類の生薬を使いこなして証を把握しているということに驚きました。今回の講義で鈴木先生から教えて頂いた瘀血についての考え方や患者さんの行動と適応生薬の結びつきはとても興味深く、漢方薬に対しての印象が変わるようなものでした。また、体の各部位を押し、痛みを感じた時にどの生薬が含まれている漢方薬が適しているのかといったようなことは各生薬の関連性を知る上で非常に役立つと思いました。楽しそうに講義をして、一人一人に優しく接していらっしゃる鈴木先生の姿は私に尊敬の念さえ抱かせるものでした。患者さんから頂いた手紙を大切にできるような心の優しい患者思いの薬剤師になりたいと思いました。そしてそういう薬剤師に服薬指導してもらいたいと感じました。