西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

鈴木寛彦先生の授業では生理不順、生理痛または不妊症など私たちにすごく関係のある話をしていただきました。講義では漢方医学を学ぶ上で一番大切なのは証(漢方薬と患者の相性)を把握することだと教わりました。西洋医学である薬は症状が同じならば処方される薬は同じですが、漢方薬は同じ症状でも人はそれぞれみんな違う体。よってその人によって、合う薬は様々であるのだそうです。証が合うと10年間不妊症で体外受精を8回失敗された方が、漢方を服用して1ヵ月で妊娠されたという話を聞いたとき、証というのは本当に大事なんだなぁと思いました。私は生理不順がひどくて、長い時期で一年こなかった時があったのでまた驚いたことは生理痛の薬の話です。これまでは少しお腹が痛かったらすぐに服用していたのですが、生理痛というのはなかなか外にでない胎盤を出そうとして筋肉が動いてる痛みだそうなので、むやみに服用するのは良くないと分かりました。
これから先生から教えていただいたことを活かして自分の体のことをちゃんと知って漢方薬を選べたらいいなと思います。