西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

女性として、婦人科疾患の話は大変興味があった。学校の授業でも月経のことに関してはあまり詳しく聞かなかったので、よくわかっていなかった。けれど、体温によって自分が周期的にどの期間にいるかなど知れて良かった。また、生理の際にお腹が痛くなると、耐えられなくてすぐに痛み止めを飲んでいたが、中の血液が剥がれないために、筋収縮が起きて痛いと聞いて、はがれやすくなればそこまでの痛みを感じないのかと思った。そして、不妊治療をしていた方が、漢方を用いることによって妊娠できたお話には先生やその方の喜びを感じて感動した。これからも簡漢方を用いることによって困っている方々の悩みを少しでも解消できていったらいいなぁと思った。