西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

女性の悩みの1つである生理時につかう漢方の講義はとても勉強になった。疾患によって使用する漢方が違い、瘀血のたまりぐあいを考え、証を把握し処方するのは難しいことだなと感じた。証の決定も陰性瘀血、陽性瘀血に分けて考えることも必要で私は陽性の方かなと思った。婦人科疾患に用いる漢方を扱うには、病気のメカニズムを知り生体防御反応を知ることが大事なんだとわかった。みぞおちや足の付け根を押して痛いところに瘀血がたまり、どの生薬を使えばいいか簡単にだが教えていただき非常に役立った。友人が生理でひどく悩んでいたので痛み止めじゃなくて生薬を処方してもらったら?というアドバイスしか今はできないが、薬剤師になったら女性の疾患の薬を説明できるぐらいにまでなりたい。