西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

今回の講義を聞いていて「なるほど」と思うことばかりで、非常に興味深かったです。
私は、生理のたびに生理痛が辛く、市販の薬を使用しています。市販の薬を飲むことに抵抗は感じておらず、「みんなそんなものだろう。」少し軽く考えているところがありました。鈴木先生は「病気のメカニズムを知り生体防御反応を知る」ことが大事なことだとおっしゃっていて、生理痛のメカニズムは子宮の内膜をはがすことにより痛みが発生し、子宮の内膜をはがすことで、子宮にウイルスなどが入らないようきれいにしているのだと教えていただきました。だから果たして、薬を使いそのメカニズムを無理やり止めて良いのだろうか、ということでした。毎月、生理とは付き合っているのに私は、そのメカニズムもよく知らず、何の為の痛みなのか考えたこともありませんでした。自分自身におきていることで、ましてやそれを放置しておけば不妊の原因になる可能性もあるのに、今まで私はなんて無頓着だったのだろうと反省しました。「病気のメカニズム」を知ることは大切なことです。なぜ、その疾患がおこるのか、何のためなのか1つ1つ考えることで治療の道が見えてくると思うし、ただその疾患と付き合うのではなくそのメカニズムを理解することで気持ち的にも楽になることがあると思います。鈴木先生の講義で、より漢方に興味をもち、しっかり学んでいこうと思いました。