西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

私は女性なので、婦人科疾患はとても身近なはずであるが、自分は生理痛もそれほどつらくないので、生理痛がつらい人は大変だなと他人事のように思っていました。しかし今回のお話の中で、生理痛が起こる原因は、子宮内膜がはがれにくい場合に、子宮が平滑筋収縮することでお腹が痛くなるということや、つわりは赤ちゃんにとって不要なものを出すためである、などと聞いて、今まで全く考えたことはなかったけれど、とても納得しました。また今は、自分に起こり得る婦人科疾患は、生理痛、生理不順、冷え性くらいだが、子供を産むことができる女性の体を持っている以上、今後もっとたくさんの婦人科疾患と向き合わなくてはいけないと思います。その時に、疾患になってから焦らなくていいように、今から知識を得て、将来の自分の体と子供の命を守ろうと思いました。