西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生は、婦人科系のお話をしてくださり、今後自分に活かせることがあるのかもしれないと思いました。なぜ生理不順になるのか、体温のしくみを知り、婦人科疾患の症状は、生体内にある毒素を出そうとしている時に起こることを学びました。同じ症状でもその人それぞれの漢方薬との「証」が合わないと、あまり効果がないこと、「証」が合うと驚くほどの効き目を表すことを知りました。西洋医学では治らなかった病気が、証の合う漢方薬を利用したことで、あっという間に治ってしまったという事例を聞き、漢方薬はすごいなと感じました。また、鈴木先生が生薬の元の植物を育てているという話を聞き、この時期はこの花が咲き、収穫はこの時期、畑で起こった出来事などの話をしていて、とても楽しそうだと思いました。そして、その生薬を使い、自分で漢方薬を作ることが素敵だと思いました。