西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

私は男で将来医療人を志しているにも関わらず、恥ずかしながら婦人病の知識というものに対し興味があまりなく、無知でした。先生は婦人病についてわかりやすく説明して下さり、特に自分が経験することのない「生理痛」について「子宮が動く、つまり平滑筋が動いて痛みを生ずる」という事を知ることが出来ました。先生のお話で一番「おもしろい」と思ったのが「病気のメカニズムを知り、生体防御反応を知る」という話です。口内炎は「胃が悪く、胃に物の侵入を防ぐために出来るのでその人は胃が悪い」という部分が理解しやすく同時に非常に興味深い話でとてもためになりました。また証を把握するために「車の入れ方から望診は始まっている」という事や、証を把握するための相談にのってくれない人は「肝臓が悪くイライラしている」という話を聞き、そのような事まで証に適応させることができるのかと驚きました。