西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花の開花が終わり、薬草畑では冬支度が始まります。蒼朮の茎はとても固く、そのままの形で春まで立ち続けます。


むつごろう新聞

トピックス情報

桂皮が届きました。ベトナム産です。この桂皮はNo1桂皮と言いまして最高級なものです。箱を開けると部屋一面ニッキの香りで一杯になります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患に用いる薬方ということで、先生が実際の患者さんのお話をして下さった時、「証」が合えばすぐに治るとおっしゃっていました。お話の中に椎間板ヘルニアの患者さんのお話がありました。私も高2の夏にヘルニアになり、今年の冬に再発して起き上がれなくなりました。私もその患者さん同様ボルタレンを使っていましたが、ボルタレンが効いて痛みがなくなっているうちに寝て、痛みで起き、起きている間はずっと泣いているという感じでした。もしも先生にもっとはやく会っていたら相談出来たのにと思いました。また再発して辛いようなことがあればすぐさま相談しに伺いたいと思いました。