西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

静岡の薬草畑も少しずつ秋を感じるようになりました。芍薬の地上部は枯れていますが、当帰は、まだまだ成長しています。秋の収穫が楽しみです。


むつごろう新聞

トピックス情報

新しい紫雲膏が出来上がりました。一日がかりで出来上がりました。店内は紫雲膏の香りで一杯です。この紫雲膏は、真岡の塚田先生から伝授頂いた海老塚流紫雲膏です。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

漢方のおかげで妊娠したという話しを聞いて、薬で人生を変えることができると思った。西洋医学とは違う考え方をする漢方。同じ人を診るのに、薬の選び方が違う点はおもしろいと思った。私の母は、更年期で漢方薬を服用している。自分で数十分煎じていた時もあれば、粉末状のものを処方された時もあった。身体に合わなかった時は、体重の増加、落ち込みが見られたが、合う薬の時は、元気よく運動していた。漢方の力は素晴らしいと思った。私は、冷えであったり、月経不順なのですが、まだ病院には行っていません。漢方に前から興味があったので、問診を受けようと思っている。食事にも気を使おうと思っている。なるべく、身体を温める食材を選ぶようにして、健康に過ごしていきたい。勉強に、バイトに、スポーツ。やりたいことがたくさんある今、健康で丈夫な身体を維持していきたい。植物、動物、地球の生命の力に感謝しながら生活していきたいと思った。