西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

まず思ったことは、鈴木先生は男性なのに女性よりも婦人科疾患や女性のからだについてのことを知っていることに驚きました。ストレスで生理不順が起こる仕組みや、基礎体温をつけることで体の不調が目に見えてわかること、また生理痛で鎮痛剤を飲みすぎると子宮筋腫が起こりやすくなることなど非常に勉強になることだらけでした。もっと自分の身に起こることかもしれないことを日知る必要があると思いました。
漢方は病気の症状で選ぶよりも、「証」を把握することで病気の治癒率が上がる音を聞きました。「証」の違いよって、漢方の処方を変えていき、不妊治療をしている人に子供ができるまでの話は感動しました。
またちょうど鈴木先生の授業中にマスクをつけていた私は、鈴木先生から聞診を受けました。
特に、水分は良く取るか、むくんでいるか、下に歯のあとがあるか、トイレはどれくらい行くかなど、「水」について聞かれたように思います。
そして、私の風邪や花粉症には小青竜湯が良いのではと教えて頂きました。

さらに、運動不足解消のためには縄跳びをすると良いと言われました。

普段はなかなか難しいですが、アドバイスを参考にしてみようと思いました。