西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

静岡の薬草畑も少しずつ秋を感じるようになりました。芍薬の地上部は枯れていますが、当帰は、まだまだ成長しています。秋の収穫が楽しみです。


むつごろう新聞

トピックス情報

新しい紫雲膏が出来上がりました。一日がかりで出来上がりました。店内は紫雲膏の香りで一杯です。この紫雲膏は、真岡の塚田先生から伝授頂いた海老塚流紫雲膏です。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

東邦大学薬学部客員講師の辞令について

昨日東邦大学薬学部から、客員講師の辞令を頂きました。今年で9年目となります。今年も引き続き、頑張ってまいりますのでよろしくお願いいたします。薬学部生薬学教室の小池先生をはじめ大学関係者には大変お世話になっております。今年は、小池先生のご推薦で、薬学部、医学部向けの、漢方生薬学の専門書のお手伝いをさせて頂く予定でおります。今までの経験を少しでもお役に立てることができれば嬉しく思います。

「婦人科疾患に用いる漢方」講義の内容

  1. 病気のメカニズム、生体防御反応を知ること
  2. 傷寒論、金匱要略を勉強すること
  3. 漢方薬の一番大切なことは、(しょう)を把握すること
  4. 瘀血を理解すること
  5. 漢方とは、回らし毒を排出する治療

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の授業では、さまざまな漢方の名前が出てきました。しかし先生は「この~湯なは、これとこれとこれが含まれています」みたいにスラスラと含まれる生薬の名前だったり、こういうときに使ってみたいなことまで覚えていて、やはり現役の薬剤師は違うなと思いました。・・・

・・・続きを読む

実際に自分のお腹を触って状態をみる方法を学ぶことができました。 また、生薬をセットで覚えると覚えやすくて良いな、と思いました。 写真のイメージを元に効能などを考える方法が面白かったです。・・・

・・・続きを読む

今回の講義で、瘀血が及ぼす影響について知り、怖くなった。 私自身婦人科系のことで悩むことが多いが、これからはロキソニンに頼るばかりではなく、桂枝茯苓丸などの漢方も積極的に取り入れていきたい。またこのことはもっと世の中に広く知られるべきであると思った。・・・

・・・続きを読む

婦人科疾患に用いる漢方ということで、生理痛や生理不順など自分の身体にも関係のあるテーマでとても興味を持った。今回の講義で漢方で1番大切なのは、その人と漢方薬の「相性」つまり「証」ということを教わった。私は生理不順のときがあるので漢方薬局で自分の証に合ったものを探し、漢方がどれほど効くものなのか試して・・・

・・・続きを読む

鈴木先生の講義を聞いて衝撃的だったのは、ゴキブリを生薬として用いて、飲むことがあるということです。ゴキブリには陽性瘀血を治す力があるとされていて未だに信じられません。婦人科において、不妊症で8回もの体外受精を行って失敗した方が、漢方薬を用いたことで1ヵ月で妊娠したり、ガンが治ったりと、証を把握し、そ・・・

・・・続きを読む

話がおもしろく、例も交えていろいろなことを紹介して下さり、分かりやすかったです。特に印象に残っているのは、女性に関係がある瘀血による生理や冷えなどの問題です。瘀血は、体のめぐりが悪くなってしまうことでできてしまうため、気や血をめぐらすことが大切だと知りました。さらに、食事やストレスなど、ちょっとした・・・

・・・続きを読む

女性にとってとても身近な婦人科疾患に関してのお話で、とても学ぶことが多かったです。西洋の薬では婦人科疾患を治す薬はほとんどないのに、漢方にはたくさんあり、漢方の大事な役割のうちの1つだなと思いました。不妊症で長年悩んでいた女性が婦人科疾患に用いる漢方をしばらく使ったところ妊娠することができたというお・・・

・・・続きを読む

私は今回、先生の実体験を交えたお話や生薬の畑の写真などを見せてもらうことで、漢方をより身近に感じることができました。中でも印象に残った実体験は、血液のガンの女性の話です。「証」が合えばどんな難しい病気でも治ることがあると聞いて、漢方には不思議な力があるのだなと思いました。また、「証」をどのように見極・・・

・・・続きを読む

鈴木先生の講義では、婦人科疾患に用いる薬方ということである女性の症例を聞いて驚きました。医者の普通の薬では治らなかったものが漢方薬を長期的に使用することで、治るのは、漢方薬の偉大さを感じました。・・・

・・・続きを読む

先生の講義は想像していたものよりずっと楽しくおもしろいものでした。あの実体験を交えた講義はわかりやすいですし、なにより笑えます。駐車での向きで漢方薬が決まっていく話はとてもおもしろいと思いましたが、これは証をちゃんと特定できるからこその技術なんだなと同時に驚きました。一番驚いたのは生薬を自分で作って・・・

・・・続きを読む

漢方はがんを治すこともできるとは知らず、とても興味深かった。証が合えば、様々な疾患に使うことができるということは診断をする薬剤師が正しい診断をしなければならないと思うので、改めて薬剤師の責任の重大さを知りました。薬剤師として、自分で漢方薬局を開業するという道があるということを学びました。また、自分は・・・

・・・続きを読む

鈴木先生のお話はとても楽しく、とてもためになりました。特に、車の駐車の仕方を見て、漢方を考えたりしているのがとてもおもしろかったです。私も、その人に合った漢方を処方できる薬剤師になりたいです。またお話をお聞きしたいです。・・・

・・・続きを読む

漢方での治療には発想力が必要と聞いてよく分からなかったが、証を見極めたりするのに必要なのかなと思った。実際の症例や患者の様子のお話が多くて、漢方に興味が持てた。基原植物を栽培している様子や生薬として加工している様子を見ることができて面白かったし、手間がかかっていることが分かった。・・・

・・・続きを読む

私は鈴木先生の講義で女性ホルモンのアンバランスは食べ物とストレスが原因であることを初めて知りました。私がもし、月経不順になったら、まず食生活の改善とできるだけリラックスして過ごすことにしようと思います。 また、薬には相性があることを知りました。ガンを患っていて妊娠できなかった女性が、漢方でそのどち・・・

・・・続きを読む

漢方医学を学ぶ上で、1番大切な「証」つまり、漢方薬と患者との相性を把握することである。証を合わせることができると、今まで失敗してきたことが成功するので、証を合わせることは、とても重要なことだと感じた。証に合わせることができれば多種多様な患者に使うことができる。だから証が合わせられるようになるためには・・・

・・・続きを読む

先生の話はとてもおもしろく、自分の薬局での話もそういうところを見るのかとすごく参考になりました。 自分は男ですが、将来は結婚し、子供もほしいので、今回の話はとても参考になりました。 先生の話してくれた、長年不妊治療をしたけど、全然むりで、漢方薬を飲んでみたら、1ヵ月で妊娠したという話は漢方薬の意・・・

・・・続きを読む

先生の講義で、知っているようで知らなかったことが多いなと感じました。 例えば生理痛についても、私は薬で痛みが治まればそれが治療だと思っていましたが、それでは根本的には原因が改善されていなくて、漢方を使って血行を改善して生理痛も改善するというのは、身体に優しい治療だと思います。漢方についての興味がと・・・

・・・続きを読む

日頃から生理痛に悩んでいるので、本当に楽しい講義でした。 ムツゴロウ薬局がもう少し近くにあったら、通いたかったです。 たくさんの苦労を経験しても、確固たる意志を持って薬局を続けるのはとても大変なことだったと思います。 それでも今も漢方薬局を楽しそうに続けている所に感銘を受けました。いつか、そん・・・

・・・続きを読む

実際に現場で働いている方のお話は非常にリアリティがあり、とても有意義であった。漢方薬局をおとずれる患者さんについての情報が細かく、どのような場合に薬を処方するのかがわかりました。・・・

・・・続きを読む

この授業は本当に面白かった。色んな婦人科疾患に用いる漢方を学んだ。とても印象深かったのは、「証」だ。1ヵ月で治してしまうということだ。 患者さんは一切漢方の知識がない場合が多いのであるから、「証」を見つけるという重要な役割は私たちにあるんだなと思うと、生薬をもっと詳しく勉強したいなという気持ちにな・・・

・・・続きを読む